フィットネス

フィットネス

Born Golfでは、スコアアップに必要な『飛距離』『持久力』『バランス力』を身に付けるため、
フィジカル面へのアプローチもおこなっています。

ゴルフのパフォーマンス向上のための土台として
フィジカル面を見直すことで効率よく上達します。

一般的なゴルフスクールでは、打ち方の基本や飛距離の出し方、アプローチのテクニックなど、ゴルフをする上での“技術”を教えてくれます。
しかし、どんなスポーツでも“技術”を身に付けると同等に他にも大事なものがあります。
その一つが、あなた自身の身体能力=フィジカルです。

スポーツ科学の最先端は、
①フィジカル
②テクニック
③メンタル
この3つがバランスよく備わることで安定したパフォーマンスが発揮されると言われています。

まず、このフィジカルが土台としてあり、この上にテクニックがあります。
重要なのは、フィジカルの土台よりも大きなテクニックは身に付かないということです。

車で例えると
プロのF1ドライバーが運転する「軽自動車」と一般人が運転する「スポーツカー」で競争した場合、いくらプロのテクニックがあってもエンジンの馬力が違い過ぎ軽自動車では絶対に勝つことはできません。
このエンジンの馬力が人間でいえばフィジカルということですよね。

根本を見直す

これまでのゴルフスクールは“テクニック”のみレッスンすることが多く見られます。
Born Golfは違います。
パーソナルトレーニングのプロと連携することで、土台のフィジカルから見直し“根本的な成長”を目指します。
また、土台のフィジカルが向上することで、ゴルフに限らず様々なスポーツを楽しむことができ、生活そのものがより豊かになります。

テクニックを身に付けるための主な土台

体幹
下半身と上半身とを結ぶ、体幹部。
下半身からのエネルギーを上手く上半身に伝える部位であり、ボールを遠くに飛ばすための大事な部位です。
下半身
木で例えると、根っ子の部分です。
根っ子が大きく安定すれば枝葉も自由に伸びることが出来ます。
スイングによる上半身の大きな反動を下半身で支え、安定したショットを打つための大事な部位です。
スポーツにとって最も基本的であり、最も重要なことはなんでしょうか。それは、自らの身体を思うように自由に動かすことができるかどうかです。
身体を自由に動かすには、基礎的な筋力はもちろん、自身に合った機能的な動かし方を“知っている”かどうかも大事です。
トレーニングの際は、パーソナルトレーニングのプロが、男性、女性、年齢等を鑑み、現在の状態を見極め、個々に合ったトレーニングを進めていきます。
>まずは体験レッスン

まずは体験レッスン

受講者自身の課題を確認する「ヒアリング」から、スイング分析用の最新システムを用いた「スイング撮影・分析」・数値に基づく最適な「ゴルフレッスンプランのご提案」まで、受講者の皆さんの上達を、全力でサポートさせていただきます。

CTR IMG